謨エ菴薙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近「骨盤矯正」という言葉をネットや週刊誌で見かけることが増えてきました。骨盤矯正は、なんなのかわかっている方達は多くありません。「骨盤矯正」はどんなものなのか解説していきます。「骨盤矯正」のことを理解して間違いない骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先につながる尾骨からなります。整形外科などの病院の治療では普通骨盤の調整はしません。なぜだと思いますか?一般医療では骨盤は歪まないと考えていて骨盤がふんだんの生活でズレてそのズレが身体機能の異常の要因になるようなことは無いと思っているからなのです。(だがしかし一部の整形外科では骨盤の治療を独自に行っている整形外科もすくなからずあります)。例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレた時(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元の状態に戻す為に「骨盤」を施術することがあります。この場合、手術のようなかたちで「骨盤」の治療をされることが多いようです。また婦人科では、出産後に骨盤の関節の不安定性を治すように「骨盤」を閉めつけて固定するベルトのような装具を奨める病院がある。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

普通の医療で骨盤はズレないとされていて「整体」などの民間療法では骨盤はズレるといわれどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説していきます。まず、「整体」でいう骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像で分かるようなひどい歪みは扱いません。

病院では?

産婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像で見て分からない程度の歪みは痛みなど身体の不調の要因になりえないと考えます。他にも骨盤の可動性は少なく例外的に出産するときに開く程度。中年くらいになると腸骨と仙骨はくっついてしまう為、骨盤は通常では動くことは無いと思っているみたいです。

整体では?

手技療法で行う「骨盤矯正」では、日頃から骨盤の少しの歪みを治療したあとに痛みがなくなるのをよく目にします。事実「骨盤」の骨盤の周辺には筋肉、靱帯、神経があり微妙なひずみでも靱帯、神経、筋肉を刺激してしまいます。レントゲン写真のような画像診断でズレが認められない場合でも骨盤がズレていてその歪みを矯正する必要があると整体で考えるのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因

歪んだ骨盤は、様々な異常などを肉体に出現させます。骨盤がズレると骨盤に乗る脊椎が湾曲します。脊椎がひずむと脊椎の中に入っている神経や、身体を保靱帯や筋肉、全身に血液を送る血管などに負担がかかります。これらは、どれも体にとってとても重要なもので、どれか一つが侵されても身体に異常が起きてきます。

骨盤が原因で神経圧迫

背骨が歪むと背骨から出る神経の機能が障害されます。内臓機能の異常や運動機能の障害など肉体のいろいろな部分が神経の情報でコントロールされているので、すべての体の障害に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

歪んだ体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくるため凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の歪みによって血管を圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの原因なってしまう。

骨盤矯正と整体

手技療法などによる整体の「骨盤矯正」は、主に手によってなされます。矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もありますが、一般には手技でおこないます。また、ベルトのような骨盤を圧迫する道具も使う場合もある。ふつう修正の痛みは無いのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理やり矯正を行う方法を用いる施術師もいる。正常な骨盤の場合、骨盤の関節の可動性は非常に狭く大きく動くことはありません。この微妙な可動域を調整により動かすので、通常は大きな力を使うことはないのです。

整体でおこなっている骨盤矯正

「骨盤」の関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできません。「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットで見ますが、騙されないで。骨盤にどれだけ力をかけても眼で見て分かるだけの変化はしない。こんな宣伝をする整体では、「骨盤」の上に乗るなどして強い力を加えるなどして治療します。強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う方達もいるようですが、目に見えて分かるほど動いた時は「骨盤」の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまう為、靱帯や筋肉を壊してしまいます。治療前と治療後で変化したと感じる方達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変わったような気になっているだけです。「骨盤」の仙腸関節に損傷が無ければ骨盤が目に見えて違いが分かるほど可動していることはないのです。仮に見た目で動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、関節の痛みが出現するはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外的に「骨盤」が通常以上に可動する場合がある。それは出産時です。出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩んで骨盤が広がるように動きやすくなっていきます。出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性は無い。出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が見た目で分かるほど調整で大きく可動することはありえません。歯列矯正のように何年か力をかけるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが動かしていくことは可能でよしょうが現実では無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!

整体で行われている「骨盤矯正」は体形を変化させるようなものではなく体をバランスの整った理想の状態に整えることが目的です。骨盤の仙腸関節は、ちょっとのズレでも痛みなどを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを体全体をひずませ健康などに影響を与えます。骨盤を矯正して身体をバランスのとれた良い状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを改善します。もしも骨盤が曲がっていると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。骨盤は身体の土台です。骨盤が歪めば背骨が傾きます。健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体施術はすごく有効な助けになる。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア慢性の疲労姿勢の矯正猫背の矯正側弯症骨盤の矯正産後の骨盤矯正o脚の矯正x脚の矯正カイロプラクティック整体

2024年4月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : kyapivara